面接で的確に質問に答えられていますか?

これは誰もが知っていることですが、日本の大抵の企業、いやほぼ100%の会社では、採用者を決めるための手順の一部として面接があります。

面接は就職活動の山場の一つであり、面接に無事成功すれば、採用が見えてきます。面接のときは自己紹介などの時間もありますが、主になるのは採用担当者からの質問に対する受け答えです。質問の主旨をくみ取って、適切に答えることができなければ、評価が下がります。最初に心がけたいことは、質問をちゃんと理解することです。

張り詰めた精神状態にあると、何を聞かれているのかが頭に入ってこないこともあるものです。どんな質問をされたのか十分に理解できずに、何となくで話を続けていると、打っても響かない人物だと思われることもあります。誰でも面接試験の際は緊張するものですが、質問の内容が聞き取れなかった場合には、聞き直す勇気も必要です。また、失敗例として良くなるのが、きちんと受け答えをしなければという意識から、回答が必要以上に長くなることです。

できるだけ簡潔に、要を得た話し方をすることが重要であり、大体1分を目安に話せるようにしておきましよう。面接を受けながら、かけた時間を意識することは難しいですが、あらかじめストップウォッチを見ながら話てみることで、時間感覚が身につきやすくなります。採用面接での定番質問や、回答時の工夫の仕方など、実際に試験を受ける時に注意をしておきたいことについては面接対策本などに目を通しておくといいでしょう。
40代の生理乱れはどうすればいいの?